« 半年前の衝動。 | トップページ | 引越し手伝い。 »

2006年11月26日 (日)

BETWEEN EARTH AND SKY。

koro朝からパンとクッキーを焼く準備をちゃくちゃくと進める
っと、めったに鳴らない携帯電話が鳴る。
Shuからだった。引越しを手伝ってもらえないかとのオファー
ちょうどnonoブログで引越し先が見つかったことを見ていたところでタイミングの良さにびっくり!
P1010370
クッキーが焼けてから、それを持ってさっそく手伝いに行く。
机やベットの分解を手伝う。
夕方用事があったのと一段落したところで、
明日はjunだけ手伝う約束をして帰る。

帰ってからkoro更にクッキーを焼いて、これはすでに約束してあったErさん(前の家の大家さん)のところへ行く。
なんでも10年ほど前の話。
Erさんがに持っていたアジアの道具の使い方を聞くために話しかけた旅行者(1人)があまりに寒そうだと上着を貸してあげたことから交流が始まった日本人がいたそうな。
その人はミュンヘンに住んでいて、なんでも世界的に権威のある映画学校に入りたくてドイツに来ていたらしい。その彼女が映画学校に2度目にして入学(2回しか受けられないらしい)、そして今回授業の中で製作したフィルムを贈ってくれたらしく、それをボクらに見せてくれるというのだ。

パソコン持参で、久しぶりに昔の家へ。
お茶とErさんが焼いてくれていたパンケーキ(?)を頂く。
なんでも、Glücksbrot(幸せのパン)と言って生涯一度しか焼いてはダメ!と言われているパンで6日かけて発酵させる!
久しぶりなのでいろいろな話をして、いよいよフィルムの上映会。
ボクらとErさんとその旦那さん(サーカス団長のような人)の4人で観賞した。
1本目はフランスで活躍する日本人芸術家のドキュメンタリー風。30分ほどでインタビューや語りや創作風景などで構成された作品。テーマが人のコミュニケーションの表現みたいな所でけっこう壮大な感じ。共感できるところも訳がわからない難しいところもあった。
もう1本が小さな女の子の週末を描いた15分ほどの作品。
単純な女の子の気持ちを描いた感じ。
どちらも卒業フィルムとは思えないほどの完成度(生徒が卒業フィルムとして作ったというイメージよりは)で驚く。
それをパソコンに落とさせてもらって、帰った。
P1010372
koro帰ってから、更にパンを焼く。
とても良いでき。。美味しい。

|

« 半年前の衝動。 | トップページ | 引越し手伝い。 »

コメント

きゃ~~~~~!
コレコレ!
このクッキーちゃんがおいしくて、も~♪
2人が帰り、ステがバイトに行った後も1人で順調に食してたら、残りが1個になってしまい、、、、、、、、
それをバイトから帰ってきたステがハッケンし、、、、、、、、、、、、

ステ:「僕への愛は、クッキー1個分なんだね、、、、、、、、、、、、、。」

結局ステはほとんどたべられず。
nonoは、でもちゃんと1個残してる時点でやさしいじゃん、と言い訳。

ごちそうさまでした。

投稿: nono | 2006年12月 3日 (日) 18時35分

お~!
そんなに気に入ってもらってとてもとてもうれしいです☆
また新作作ってもっていくね~。
(ステにも3つは残せるようにまた大量に。。。)
学校のレシピで作るとどうしても大量になってしまうので、もらってくれてこちらも感謝よ~!

投稿: koro | 2006年12月 4日 (月) 17時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/116955/4404578

この記事へのトラックバック一覧です: BETWEEN EARTH AND SKY。:

« 半年前の衝動。 | トップページ | 引越し手伝い。 »