« 感謝と楽しみ。 | トップページ | Schlüssel。 »

2006年8月16日 (水)

1階。

ボクらが住んでいるのは1階です。
1階というだけでいろいろな事があります。
多いのはあまり知り合いいないのに呼び鈴がピンポーン!
と鳴るんです。
建物自体に入るドアが、いわゆるオートロックになってて
(古い外観なのでこの言葉が似合わないけど…)
中の住人が部屋の中にあるボタンで開けるようになってる。
(前の家もそうだったので、基本的にはどの家もこの構造なのだろう)
郵便屋さんが来た時はもちろん鳴ります。
そして、他の階の人の郵便でその人がいない時に鳴ります。
そう、日本ではありえないけど、預かっておいてと頼まれるのです。
(ボクらも階段の所に置いておくだけだけど…)
同じように、宅配屋さんが来た時にも鳴ります。
(引越して来たらしく4,5つ超でかい荷物がドアの前に並んだことも…)
あと、他の階の住人がカギをどっかに忘れたりした時に鳴ります。
ちょっと開けてって…(忘れるなよ…)
ちなみにドイツではカギがいっぱい…
建物のドアのカギ、自分の部屋のカギ、ポストのカギ、自転車のカギ…
大切なモノです。
さて、この築100年以上のドア…ボロイです。
何故か部屋のボタンを押しても、内側から開けようとしても
開かない時がよく!あります。構造はよくわからない…
お客さん来ても開かずに、バタバタ降りてくる音が良く聞こえます

とにかく、ドアはボロくて呼び鈴がよく鳴るんです…

ピンポーン!!

|

« 感謝と楽しみ。 | トップページ | Schlüssel。 »

コメント

古いドアにはだいたい開けるコツがある。

投稿: shu | 2006年8月29日 (火) 14時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/116955/3109530

この記事へのトラックバック一覧です: 1階。:

« 感謝と楽しみ。 | トップページ | Schlüssel。 »