« Sesamzopf。 | トップページ | ドイツ語2。 »

2006年7月24日 (月)

ドイツ語。


前にも少し書いたけど、ドイツ語の会話では「Danke」を物凄い使う。
何かしてもらうと必ず「Danke」と返す。
丁寧に「Danke schön」(ダンケシェーン)と返す。
「いいえ、結構です」でも、「Nein,danke!」と返す。
もう一つ
「Bitte」(ビッテ)これも凄いよく使う。「どうぞ」とか「どうも」とか意味的には結構あいまいなところで会話の端々に現れる。

例えば、バイト先で料理を運んで行くと、置くときに
「Bitte schön」(ビッテシェーン)「どうぞ」と言って置く。
するとお客さんは
「Danke schön」(ダンケシェーン)「どうもありがとう」と返す。
すると、また
「Bitte schön」(ビッテシェーン)「どういたしまして」と返す。

ここはドイツ、会話はドイツ語。
ボクも自然と「Danke」「Bitte」をよく使うようになってます…

ある日のバイト…料理を運んで
「Bitte schön」(ビッテシェーン)「どうぞ」と言って置く。
するとお客さんは
「Danke schön」(ダンケシェーン)「どうもありがとう」と返す。
そして、ボク…
Datte schön」ダッテシェーン)「*△■○☆…」…
……
え~…合体!させてしまいました…
サササッとその場を離れたので、お客さんは気づいたかわからないけど、1人で恥ずかしいやら、可笑しいやら…。
「だって…シェーン…」

|

« Sesamzopf。 | トップページ | ドイツ語2。 »

コメント

あれ?
上の例ではこう書いてるけど。。。
>すると、また
>「Bitte schön」(ビッテシェーン)「どういたしまして」と返す。

三回は誰もしないともう。。

それに、「どうも」は「bitte」と全然違うと思う。「どうも」はなんかドイツ語で「sehr」という意味。例えば、「danke sehr」は「どうもありがとう」と思う。でもその「sehr」は「sehr gross」でも使われてる。だいたい「とても、もっともっと」という意味だね。

投稿: shu | 2006年8月28日 (月) 20時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/116955/2864597

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語。:

« Sesamzopf。 | トップページ | ドイツ語2。 »